豊胸手術に失敗して後悔しています

負担の少ない脂肪注入を受けることに

そのアイドルは雑誌の読者モデルをしていたことがありましたが、その頃は胸は全然大きくなかったのに、今では胸が大きいことをアピールしているグラビアアイドルになっていました。
こんなに短期間で胸が大きくなるはずがないと姉が主張するので、それなら自分も豊胸手術をしたらコンプレックスを改善できるのではないかと考えるようになりました。
そこで美容外科クリニックで相談したところ、豊胸手術の仕組みや方法について丁寧に説明してもらうことができました。
手術方法にはいくつか方法があるといことを初めて知ったので驚きました。
そのクリニックで実際に手術を受けたモニターさんの手術前後の違いを見せてもらい、自分と同じくらいの小さな胸の人がCカップくらいの綺麗な胸になっていたのを見てから、絶対に自分の豊胸手術を受けたいと考えるようになりました。
クリニックの医師からは、ヒアルロン酸を注入する方法がいいとすすめられましたが、私は豊胸効果が長く続く脂肪注入方法がいいと考えていました。
しかしヒアルロン酸注入法だと日帰りでの手術が可能で、手術費用も一番安いということだったので、結局はヒアルロン酸注入を選ぶことにしました。

大きな胸に憧れ続けて : 負担の少ない脂肪注入を受けることに : 安易な気持ちで受けたことに公開